水のトラブルを契機に節水型に

水のトラブルではさまざまな原因があり、部品の交換のみで解決する場合もありますが、蛇口 交換が必要になることもあります。水のトラブルをきっかけとして、高機能なものへ蛇口 交換を行うことで、水道代を節約することができる場合もあります。長期間使用している蛇口であれば、他の部品や蛇口そのものが劣化している可能性もあるため、専門的な知識を持った水道工事会社で確認してもらうことも考えましょう。

■節水を考えた蛇口選び

水漏れすると被害が大きく広がってしまうことも多いです。長年使用した蛇口の場合、修理ではなく蛇口 交換を行うことも節水面などを考えると合理的な判断になるでしょう。
通常の蛇口の場合、上部のハンドルを操作することで水量を調節しなければなりません。素早く操作ができないため、必要以上に水を使用してしまうこともあります。そこで、もっとこまめに操作できるものに交換することで節水することができます。スイッチ式やタッチレスといった蛇口にすれば、ハンドルを操作する必要がなく、節水効果を格段に向上させられるでしょう。手がふさがっていても操作が簡単なため便利です。

■節水に効果のある泡や足で操作するフットスイッチ

最近の蛇口には、バルブカートリッジを取り付け、細かな泡を作り出すことで節水できるタイプもあります。ノズル部分に取り付けるだけのものもあり、手軽に節水できます。蛇口を交換するのであれば、フットスイッチも便利です。足元のペダルで操作するタイプで、手がふさがっていても簡単に水を止められるため、節水効果が期待できます。無駄に使わないで済むため、有効な手段となるでしょう。

■まとめ
高機能な蛇口の場合、これまでのものと簡単に交換できるわけではありません。タッチレスタイプには本体内部にセンサーが内蔵されますし、フットスイッチには、足元の装置をつけなければいけません。専門的な知識がなければ、特殊な蛇口は取り付けられないため、水道工事会社に依頼して交換するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ