自分で水のトラブルを解決できるか

水のトラブルは、さまざまなところで起きる可能性があります。水のトラブルの原因や水回りの仕組みを少しでも把握しておけば、自分で修理するか業者へ依頼するべきか判断することができます。また急なトラブルの際も焦らず対応することができます。

■自分で修理できるか業者へ依頼するべきか

水のトラブルを解決するには、修理業者へ依頼するか、自分で修理をするかをまずは切り分けなければなりません。自分で修理できれば費用を抑えることができます。しかし、自分でできる修理には限度もあります。ねじや接続部分の緩んでいるところを締め直すだけという場合は、家庭にある工具でも簡単に直すことができるでしょう。
しかし、蛇口を一度分解してパッキンを交換するという場合や、蛇口そのものを交換してしまう場合はある程度の知識と技術が必要になります。蛇口の構造や仕組みを理解していなければ、自分では対応できないからです。

■工具や部品の問題

自分で修理する場合、工具や部品がそろうかどうかも大切です。ドライバーやレンチなど一般的な工具であれば、今後も使う機会があることが多いため、水道修理を機会に購入するのもいいでしょう。しかし、水のトラブルが起きている場所によっては、水道修理の専門的な工具が必要となる場合もあります。工具の購入費用に加え、より高度な専門知識がなければ対応できないことも多いため、業者へ依頼することがおすすめです。
また、部品の入手が容易にできるかといった問題もあります。パッキンなどはホームセンターなどでも販売されていますが、サイズや種類が非常に多く、適切なものを購入する必要があります。どれを購入すればいいのか分からないときも、業者へ修理を依頼したほうが確実です。

■まとめ
水のトラブルは、だれでも解決できるわけではありません。修理を行う人によっても大きく異なります。自信が持てない状況は、経験の差でも表れるでしょう。心配なまま行っても決してうまくいきません。専門業者であれば、アフターケアも考えられるため、しっかり検討しなければいけないでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ